banner

最低必要人数は?

株式会社設立の必要人数は1人です

株式会社設立をするときの必要人数は、平成18年に施行された会社法によって大きく変わりました。過去には何人かが必要だったために、親戚に頼んで名前だけ貸してもらったり、あるいは奥さんに役員になってもらったりすることも多かったのです。実体と乖離した法律が定められていたためにこのようなことを行わなければならなかったのですが、会社法が新しくなったことによって、無意味に取締役を置く必要はなくなりました。

その結果、会社設立の必要人数は、最低で1人となったのです。発起人が1人で会社設立をすることが可能になりました。ただし、これは規模の小さい会社の場合で、規模が大きくなると役員の数も必要となってきます。会社法が新しく作られたときには、有限会社の制度が廃止されました。新たに有限会社を作ることはできなくなったのです。その代わりに発起人が1人で株式会社を設立できるようになったと考えられます。

会社の規模によっては複数の役員を置かなければならない婆もありますし、また役員の数を減らすためには制限を受けなければならないこともあります。まず、取締役を3人未満にしようと思った場合には、譲渡制限を設定しなければなりません。株主総会での承認を受けなければ譲渡できないと定められます。株主が少数の場合には、自由に譲渡されるとそれによって経営権を奪われてしまう可能性があるために、譲渡制限をかけなければなりません。ただし、定款によって定めておけば、株主総会以外の形で承認を得た場合に譲渡できるようにする事もできます。

譲渡制限をかけないのであれば、取締役は3人以上必要となります。また、取締役会を設置した場合には、やはり3名の取締役が必要出されています。このような決まりがありますから、組織構造を整備したいのであれば、取締役や監査役など多くの役員を置くのも良いですが、小規模な会社設立の場合には、組織構造が複雑だと、迅速な経営判断ができなくなりますから、小規模であることのメリットを生かすことができなくなるでしょう。

このようなことから、小規模な会社設立をするときには、取締役は代表取締役の1名だけで、他には特に役員を置かないという形がとられることが多いです。こうすることによってコストを抑える事もできますし、スピーディな経営を行うことができるでしょう。取締役が1人であれば、その人が経営について判断をしていくことになるのですが、もちろんですが協力してくれる人や出資してくれる人がいるのなら、その人に相談しても良いです。実際の運営がどうなるのかとは別にして、取締役は1人にしておいた方が楽でしょう。

Copyright(c) 2014 株式会社設立と合同会社設立の違いを知って自社に合った会社設立をしましょうAll Rights Reserved.