banner

電子認証を活用

電子認証によって株式会社設立の費用を抑える

会社設立の手続きは、全て自分で行うことができますが、業者に依頼をした方が安くできる場合が多いです。国としては書類の提出などを電子的に行うことを推奨していて、会社設立をするときにも電磁的に書類を作成したり申請したりすれば税制面で優遇を受ける事ができます。今やパソコンやインターネットはどこでも利用できるものになってきていますから、電磁的に処理をした方がいろいろなコストを削減できるのです。

株式会社設立をするときには、定款を作成して認証の手続きを受けなければなりません。紙の定款を作成したときには、認証を受けるときに4万円分の印紙を貼らなければなりません。電子的に定款を作成して電子認証を受けるときには、この4万円分の印紙を貼らなくて良いですから、その分だけ安く済みます。また、電子認証を受けた定款を元にして登記申請を行うときには、登録免許税が安くなります。このような優遇を受ける事ができますから、会社設立にかかるコストをさえることができるのです。しかし、実はこれほど単純なことではありません。

電磁的に取り扱うためには様々な機器が必要となります。会社設立をするのなら、パソコンはいずれ使うでしょうからパソコンを購入することはどちらにしても必要になるとしても、カードリーダーや住基カード、PDF書類を作成するためのソフトウェアなど、いくつか必要になるものがあります。これらをそろえるためにはそこそこの費用がかかります。今後もそれらの機器を会社で活用しようと思っているのなら購入するのも良い方法ですが、そうではないのなら購入するべきではないでしょう。

株式会社を設立しようと思ったときには、それをサポートしてくれる専門業者を利用するほうが有利な場合があります。業者を利用すれば報酬を支払わなければならないのですが、それを支払っても自分で行うより安くなる場合が多いのです。なぜかというと、これらの業者は必要な機器を持っているからです。自分で機器を購入するよりも、報酬を支払ってやってもら他方が良い場合が多です。

もちろんですが、どこまでのサービスを利用するのかによって報酬の金額は異なってきます。いろいろなサポートをしてもらえばそれだけ高い報酬を支払わなければなりません。コストを抑えたいのであれば、電子認証に関する部分だけを専門業者に依頼するのが良いのです。トータルのコストを考えた場合、このようにしてコストをさえていくのがもっとも良い方法だと考えられます。

Copyright(c) 2014 株式会社設立と合同会社設立の違いを知って自社に合った会社設立をしましょうAll Rights Reserved.